うつ病は誰でもかかる可能性がある【原因や治療法を知っておこう】

  1. ホーム
  2. うつの実態とは

うつの実態とは

ハート

一口にうつ病と言っても、その種類は様々です。自分がどの分野にカテゴライズされるかを把握して、治療に取り込むことが重要になってきます。治らない病気ではありませんし、治療をすることによって改善するケースがほとんどです。自分自身がうつだと自覚しても、適切な処置を行わなければ症状が悪化して、さらに悪い状況になってしまう可能性もあります。それを避けるためにも、うつ病かと自分で感じたら、すぐに病院で診断してもらうと良いでしょう。中でも代表的なものが単極性うつ病です。大うつ病とも呼ばれるものですが、症状がある一定期間以上持続すれば診断されることが多いですし、場合によっては再発を繰り返すことがありますので注意が必要です。また常にうつ病の状態ではない、うつ病の状態を繰り返す双極性うつ病もあります。躁状態の時は気分が明るくなり気持ちも高ぶってしまいます。そして普段なら絶対行わない様な行動を起こしてしまうこともあるでしょう。人間関係でトラブルになってしまうこともありますので単極性の場合と双極性の場合では治療の方法も異なってくるのです。精神的な問題でうつになることを心因性うつ病と呼びます。また精神的な問題ではなく、肉体的な病気からうつに発展することもあります。服用している薬などの副作用からうつ病に発展することもあるのですが、この場合は治療が終了すると自然に治癒することが多いので、通常のうつの治療とは異なるといっても良いかもしれません。うつの中でも、比較的軽い段階のうつ病を軽症うつ病と呼びます。うつの治療に関しては早い段階で行った方が回復の兆しも高いですし、重症化せずに済みます。軽度の場合は内服薬を服用せずに、カウンセリングで症状が回復することもあるでしょう。最近では、精神的な問題は自分では自覚していないのにも関わらず、肉体的な症状が前面に出てくる仮面うつ病も増えています。体の病気であるという仮面をつけたいということから、この名前が付けられたとされています。また高齢になれば肉体的にも精神的にも衰えてくるので、うつになりやすいとされています。この様にうつには様々な種類があるので、自分がうつだと感じたら、医師の診断を仰ぐのが一番です。