うつ病は誰でもかかる可能性がある【原因や治療法を知っておこう】

  1. ホーム
  2. 心の病はクリニックに相談

心の病はクリニックに相談

カウンセリング

相性の良さが重要

仕事や人間関係のストレスなどが原因にもなるうつ病は、誰にでも起こりうる病気です。発症する兆候を見極めて早期に受診すれば、治癒もそれだけ早くなります。心のストレスに関しては周囲へ相談もしづらく、受診を躊躇する人もいるため、治療が遅れがちになります。ですが、実際のクリニックでは、年代を問わず多くの人が通院しています。後ろめたさを感じる必要はありません。精神的に何か異変を感じたら、気軽にクリニックに相談してみることをお勧めします。クリニックには精神科と心療内科と分かれています。精神科はうつ病や神経症性障害などの心の病気全般を見る専門の医療機関となります。心療内科では心の要因で起こる病気(胃潰瘍・気管支ぜんそくなど)を対象としています。ただし、実際には心の病気を診ている医療機関もたくさんあるので、こちらを選んでも問題ありません。過去に重い精神疾患がなく、初めて心の病を自覚したらどちらに行っても基本的には大丈夫です。クリニックを選ぶ際に欠かせない条件としては、やはり自宅から通える範囲にあるかどうかです。優れた名医だとしても、通院のたびに時間がかかるようではかえってストレスになります。また、クリニックや医師の評判を確かめることも大切です。近所でも評判の高いクリニックからまずは行ってみるとよいでしょう。また、うつ病は体の中ではなく精神の疾患です。心の疾患を診察して、適切な処方をしてくれるのが医師の役目です。ある人にとっては良い名医であっても、別の人にとってはそうでないこともあります。つまり、うつ病を確実に治すためには、医師との相性が重要なのです。同じ人間同士ですから、普段の生活だけでなく病院にも相性があって当たり前です。性格が違えば物事のとらえ方やアドバイスが自分に合う・合わないがあります。万一通院しても改善がみられないようであれば、他のクリニックを訪ねてセカンドオピニオンを行うなどの対応をしてみましょう。転院はある程度のストレスになるかもしれませんが、場合によっては大幅に改善することもあるからです。相性の合う医師が見つかるまで年月を要するケースもあるので、初めてのクリニックでいきなり会うことは稀でもあります。