うつ病は誰でもかかる可能性がある【原因や治療法を知っておこう】

  1. ホーム
  2. 治療は専門医によるケア

治療は専門医によるケア

ウーマン

体を酷使すると、精神的にも疲れてきます。極限まで疲労がたまれば、うつ病の発症に至るでしょう。現代社会における問題の一つ、多大なストレスは付き合い方が肝心です。精神に問題が起きてしまうと、仕事のパフォーマンスに影響します。普段できることもできなくなります。普段と変わらない生活なのに、なぜか気分が乗ってこない、そこにうつ病の兆しがあります。健全な生活を取り戻すため、まずは心療内科に行きましょう。医師は知識が豊富なので、頼れる相談相手になってくれます。診断前に、うつ病のことを少し知っておくと役立ちます。ストレス社会に広まりつつある精神の病、その特徴を覚えておきましょう。うつ病の主な特徴は、感情の起伏が激しくなることです。ついさっきまで落ち着いていたのに、いきなり怒り出すことがよくあります。何だか最近イラついている、その自覚はうつ病のサインです。次に、物事への関心が損なわれます。例えば、知り合いの誕生日などの祝い事でも、うれしい感情が湧いてきません。自分の趣味にも消極的になります。身体的な不調も起きます。たまったストレスによる頭痛や腹痛、食欲不振がそれに当たります。とくに痛みを感じる不調の場合、別の病気と誤解しがちで厄介です。精神的なものと気付くのが遅れ、悪化させてしまう人も少なからずいます。このように、うつ病に該当する症状はたくさんあり、自分では分からないことも結構あります。症状を的確に判断するには、やはり専門医の指導が必須です。うつ病治療はメンタルケアがメインです。心療内科や精神科での、うつ病治療は状況チェックから入ります。不調を感じ始めた時期、その時に起きた出来事、聞かれる項目は様々です。その後のカウンセリングで身辺情報を整理した後、必要があれば薬の処方を行います。大切なのはカウンセリングです。的確なアドバイスのためには、自分を知ってもらわなければなりません。話しづらいことでも正直に言いましょう。精神的な疾患の原因は、自分の体験した出来事の中にあります。日本人は、自分から身を引くことを避ける考え方を持ちます。そのため、たとえ原因が分かっていても我慢しがちです。その我慢を取り払うためにも、ケアの仕方を教わる必要があります。