うつ病は誰でもかかる可能性がある【原因や治療法を知っておこう】

聴診器

自力での治癒は難しい

うつ病は誰でもかかりえる病気です。抵抗を感じて病院に行きたがらない人もいますが、少しでも早く受診して治療を始める必要があります。うつ病の治療は抗うつ剤による薬物療法が基本であるため、医師の診察なくして適切な治療は受けられません。

看護師

早めに治療を開始しよう

うつ病にならないためにストレスを溜め込まない努力を続けることも大切ですが、もし発症した時にどうすれば良いか調べておくのも大事です。正しい治療方法や、治療の際に気を付けることを予めチェックしておくようにしましょう。

カウンセリング

心の病はクリニックに相談

うつ病は受診を躊躇する人も多いですが、早期にクリニックに通えばそれだけ治癒にかかる時間も短くなります。まずは自宅から通えるクリニックを絞り込んで選びましょう。患者の相談にのる医師も欠かせないので、相性が合わないなら転院も念頭に入れましょう。

うつ状態と躁状態

メンズ

うつ病は細かく分けると多くの種類に分かれますが、主な症状には2種類あると言われています。ひとつは大うつ病性障害、もうひとつは双極性障害です。大うつ病性障害は患者数が最も多く、普通にうつ病と呼ばれる代表的な症状です。具体的には憂うつな気分になり、何事にも意欲が失われます。趣味や娯楽にも興味が持てなくなり、性的関心も希薄になるとされています。強い劣等感や罪悪感を覚え、思考が極端に走って自殺願望を抱くこともあります。また、食欲がなくなって痩せてきたり、不眠を訴えたりします。抑うつ気分よりも体の不調が主な症状である場合は、仮面うつ病とも呼ばれます。一時的に気分が落ち込むのではなく、長期間にわたって症状が続くのが特徴です。双極性障害は昔は躁うつ病と呼ばれた症状で、気分が落ち込むときとハイになるときが交互に現れます。落ち込んだときは活力が低下し、死を考えてしまうこともありますが、躁状態になると過剰な自信を持ち、仕事も人付き合いも活発になります。ただし集中力が失われ、無責任な言動で他人に迷惑をかけているという自覚ができなくなります。うつ状態と躁状態の周期は数か月から数年と、人によって大きく異なります。また躁状態が顕著に現れず、大うつ病性障害との区別が難しいケースもあります。大うつ病性障害と双極性障害は治療法が異なり、間違えると症状を悪化させる恐れもあるので、慎重に診断しなければなりません。このほかに最近では、非定型うつ病と診断される患者が、特に都会の若年層の間で急増しています。これは従来の診断基準に当てはまらないタイプで、抑うつ気分が見られることは共通していますが、好きなことに対しては意欲を取り戻すのが特徴です。逆に嫌なことがあると、自分を否定されたと感じて激しく落ち込みます。また不眠や食欲不振よりも、過眠や過食になる傾向があると言われています。非定型うつ病は症状が比較的軽いことが多く、怠け癖と区別しにくいので発見が遅れがちです。気になることがあったら、精神科や心療内科を受診するようお勧めします。

ハート

うつの実態とは

うつ病には様々な種類があるので、まずは自分がどの状態なのかを自覚することが大切です。うつの症状によっても治療方法が異なってきます。うつ病は決して治らない病気ではありませんから、しっかりと向き合って適切な治療を進めることが重要です。

ウーマン

治療は専門医によるケア

うつ病の特徴の一つが、感情が安定しなくなることです。浮き沈みが激しくなるほか、物事への関心も薄くなります。頭痛など身体的な不調を感じることもあります。治療には、カウンセリングやチェックをしてくれる専門医の協力が必須です。